スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
駒込とんぼ玉倶楽部のご案内
2013年も明けてすでに3週間経ちました。
久々のブログの更新ですが、今年は初心に戻り、
「もっとマメにブログを書いていこう!」と思っています。

そして、私のホームグラウンドである「駒込とんぼ玉倶楽部」のことを
もっと紹介していきたいと思います。

駒込とんぼ玉倶楽部は、東京の駒込のとんぼ玉教室です。
2005年の4月に始めましたので、もう7年やっています。

教室の名前をどうやって決めたかというと、
「地域の名前を入れたほうがわかりやすい。」と思っていたのと、
お借りしている貸会場が「駒込倶楽部」という名称だったこともあり、
ちょっとパクったわけではないのですが、
「駒込とんぼ玉倶楽部」に決定しました。

開講日は、毎月第1、第3土曜日の
午後1:00~2:50 と 
午後3:00~4:50
です。


月2回か、月1回か、どちらか選んで受講していただいています。


受講料は、入会セット料金が¥15000で
こちらは 初回に納入いただく料金です。
内訳は、入会金¥5000+基本工具¥3000+受講料2回分¥7000で、
計¥15000です。


その後はチケット制です。
月2回コースは 、1回あたり¥3500、
4回分¥14000(3ヶ月有効)のチケット、

月1回コース : 1回あたり¥4000、
4回分¥16000(5ヶ月有効)のチケット を
購入していただきます。

ですので、月2回だと3か月の有効期間中に4回、
月1回だと5か月の有効期間中に4回、受講すればいいことになります。

材料費は別途、 佐竹ガラスを1グラム6.30円、
使用しているプリンス社カセットバーナーTB02の
ボンベを1本¥263で販売してます。

場所は、駒込倶楽部  豊島区駒込2-3-5 2階で、 

最寄駅は、JR山手線 / 東京メトロ南北線の駒込駅で、
北口から徒歩2分 という駅チカ教室です。

初心者から丁寧に指導します。マイペースで進められます。

東京でとんぼ玉教室を、お探しの方がいらっしゃいましたら、
是非一度、見学か体験教室にいらしてください!

お問い合わせは、wedaakiko@yahoo.co.jpまで、
お気軽にどうぞ!
スポンサーサイト
【2013/01/17 00:26 】 | 駒込とんぼ玉倶楽部のこと | コメント(0) | トラックバック(0) |
とんぼ玉広場 開催!
幸いにも計画停電の対象エリアから外れていることと、水道水を普通に飲用していることもあり、我が家の生活は
落ち着きを取り戻しつつあります。

がんばっている節電ですが、今月の電気代は通常だったら約¥10000のところ、¥7000代に収まりました。お金を節約するためにやっている節電ではありませんが、こうやって数字で効果がでると、やった甲斐があったと実感できますね。家計にもやさしいし、復興のためにもなるのだから一石二鳥です。

節電は必要ですが、経済活動はもう自粛解禁にしてお金をどんどんまわしていくことが、日本を元気にすることだと思います。ま、ないお金はまわせませんが。

ということで、このブログもちょっと通常モードに戻していきたいと思います。

先月ですが、「とんぼ玉広場」というイベントを開催しました。

初めての試みだったのですが、親子とんぼ玉ワークショップに参加いただいた方で、またとんぼ玉をやってみたい方が対象です。時間内に好きなだけとんぼ玉を作ってもらい、用意してあるパーツやひも類と組み合わせて何か使えるものを作ってみよう!という趣旨です。

教室に通うことはできないけれど、またとんぼ玉を作ってみたいというニーズがありそうでしたので、単発でこのイベントも開催していきたいと思っています。

作れるアイテムは

ネックレス・携帯ストラップ・キーホルダー・ピアス・イヤリング・ヘアゴムetc.

特にネックレスは、ワイヤーネックやいろいろな種類の紐類を持っていき、皆さんが出来上がりをイメージしやすいようにしました。


というわけで、その時出来上がった作品の一部をご紹介します!



こちらは親子3名でご参加の I 野さんチーム。
DSC00876.jpg

こちらで用意した花のパーツを玉に埋め込み、携帯ストラップ・キーホルダー・ネックレスを作りました。

Mちゃんは、私がやっているのを見よう見まねで、ガラスをピンセットでつまんだりねじったりしてお花の形の玉を作り、ネックレスに仕立てました。




続いてこちらも親子3名でご参加の、チームS川。

ママのソウルカラー、パープルのハートで作ったピアスとお揃いのネックレスです。
panelimg_20110329234143.jpg

メタルビーズや小さいビーズもこちらで用意してありますが、アクセサリーに仕立てるときにはこういうものが
効いてくるというか、いい脇役になります。



お姉ちゃん作。
お友達とお揃いのキーホルダー。心のこもったプレゼントになりますね。

3 003



妹ちゃん作。
3 004
香港で仕入れたワイヤーネックが大活躍です。青が好きなんだね。


いろいろな色の中から自分の好きな色を選ぶ、とか
いろいろなパーツのなかから、何を作ろうか考えるとか、
そういうことって楽しいですよね。

それから、時間内にたっぷりとんぼ玉を作ってもらうこと。
これが、観光地の体験教室ではできないけれど、小規模の教室ならでき得る特化サービスになればいいなと思います。


今回ご都合が悪くて参加できなかった方も、次回は是非!


【2011/03/29 23:43 】 | 駒込とんぼ玉倶楽部のこと | コメント(0) | トラックバック(0) |
おもちゃばこフォーラムin 東京 参加してきました!
毎日寒い日が続きますね。日中も気温が10度を上回らないこの感じって、真冬ですねぇ。

先日滝野川会館での「おもちゃばこフォーラム」に駒込とんぼ玉倶楽部として参加してきました!
「親子とんぼ玉ワークショップ」のリーフレットと手作り感たっぷりのポスターを用意して、いざ出陣!



前夜の会場設営の搬入の時に、ぱぱっと自分の搬入もすませてきて、こんな感じです。
3 002





りんごは「こども副店長」に任命。前日は「緊張してなかなか眠れないよぉ。」いった直後に寝てました。
3 004


このみは「こども宣伝部長」に任命。なるべく会場内をうろちょろするように指令を出しました。
3 003
「カワイイヘアアクセ作りにきてネ!ブチョーもしてるよ。」

この名札、「1年生のりんごが漢字を書けてる」わけではなく、私の筆跡です。あしからず。






3 005
教室で見本として作った玉や、作品レベルではない玉が家にたくさんたまっていたので、
それを一気に大放出!200個近くあるとんぼ玉からひとつ選んで、ゴムに通してヘアゴムにする、というお店です。


この会場だけで使えるチャ券という紙幣が発行され、1チャ¥50円です。
今回のとんぼ玉のヘアアクセ、ひとつ2チャです。けっこう安いでしょう?
宣伝費だと思ってかなりお勉強したつもりです。


まわりが子供向けの工作がほとんどで、大人の女性対象のお店が少なかったのと、
安めの設定ということもあり、開店からたくさんのお客さんに来ていただきました。
たくさんの中から掘り出し物を選ぶのってたのしいですよね。


りんごの任務はチャ券の回収とチラシ配り。一生懸命がんばりました。重要任務ですよ。
自分がちょっとお店を離れる時に「お母さん、チャ券もらったらそこの箱に入れといてよ。
お願いね。」と私に引き継いでいく辺り、頼もしいじゃあないですか。







まわりのお店はこんな感じ。
3 007

子供が好きそうな工作が、1チャから4チャくらいでできて、丁寧に教えてくれます。

3 009
後半、任務終了したりんごも、ようやくいろいろなお店で遊びはじめました。
これは、時間内にどれだけ高くミニブロックを積み上げられるかを競うゲームです。





午後になると、ゲストのパフォーマンスです。

まず、紙飛行機滞空時間でギネス記録を持っている戸田拓夫さんの「紙飛行機教室」。
長く遠くに飛ばすための秘訣を教わりました。
このやり方で折ると、紙飛行機を飛ばしたくてうずうずしてきます。

3 011
その秘訣を知りたい方は、いつでも私に直接聞いてください。



お次は、めるしー渡辺さんの動物マジック「ロッキーくん」。ペットのロッキー君を舞台でなでるりんご。

3 015



最後は丸一仙翁社中の江戸太神楽 曲芸。
傘で升を回したりする、曲芸を中心とした純国産エンターテインメントです。
3 016


それを子供の桟敷席で見るりんごとこのみ。
3 019
りんごは、ゲームで当たったパンダのかぶりものを被ったまま。相当気に入ったらしい。

このイベントは「大人も子供も一緒になって楽しもう!」という趣旨で開催されていて、
定員250名の中には常連の方も多く、笑ったり楽しんだりする準備万端で来場されるので、
そういう意味でとても暖かい雰囲気のイベントでした。

やっぱり入場料の高さが気になるのですが、どこからの協賛もなく行政からの援助もなければ、
これだけの費用が実際にかかるということなのですね。
ホールの箱を借りるだけではなく、長机、掲示ボード、電源、マイク等すべてにお金かかかりますし。

この滝野川会館では児童館主催の「夏祭り」「ローズフェスタ」、区が主催の「こどもひろば」や
「おちゃのこさい祭」など、また滝野川公園では「区民祭」もそうですが、
子供が無料で楽しめるイベントがたくさんあります。
我が家の子供たちも、かなり楽しませてもらっています。
それに慣れてしまっているこの界隈の方々には、すこし
敷居の高いイベントなのかなぁ、というのが率直な感想です。

私のワークショップの宣伝は上手くできたのかなぁ???

来年、また出るかというと、また玉がたまったらでてみよっかな。





【2011/01/18 00:07 】 | 駒込とんぼ玉倶楽部のこと | コメント(2) | トラックバック(0) |
おもちゃばこフォーラム
2011年が明けてから1週間経ちました。皆さん、あけましておめでとうございます。

お正月休みの間、日野の実家から高速を使えば割合とすぐに行ける「相模湖プレジャーフォレスト (旧相模湖ピクニックランド)」に、二人を連れていってきました。


1_20110108181033.jpg


冬の間だけオープンする「雪遊び広場」は人工雪の広場なのですが、そり遊びや雪だるまを作ったりと、小さい子供が安全に遊べるようになっていて、りんごもこのみも大満足!わざわざ遠くに行かなくても、充分に程よく楽しめました。


さて、1月16日に近所の滝野川会館で「おもちゃばこフォーラム」というイベントが開催されます。

午前の部の「おもちゃまつり」というおもちゃ作りの縁日みたいなものがあって、そこで「とんぼ玉のヘアアクセサリー」を作れるお店を出店することになりました。

たくさんあるとんぼ玉や、

2 001


かわいいボタンを選んで、
2 003

ヘアゴムやヘアピンが作れるお店です。
りんごも店員さんとしてしっかり働いてもらおうと思っているのですが、
彼女は彼女で、「お母さんのとんぼ玉売れるかなぁ。。」と心配している様子。1個¥100相当だから大丈夫でしょう!




このイベントには、親子でものづくりを楽しむことが好きな方や、子供向けのワークショップに興味がある方がたくさん来場されるようなので、駒込とんぼ玉倶楽部の「はらぺこあおむしの親子ワークショップ」(←次回3月27日開催予定)をご紹介できたらいいなぁと思っています。

このイベントを主催されている造形教室工房なあるのいなもりさんは、実は同じ町内にお住まいということがわかり、「これもご縁!」と思って初参加ながら出店することにしました。

「おもちゃばこフォーラム」の生みの親である、児童文学者の杉山亮さんの生のお話が聞けるということで、ファンの方が遠いところからもわざわざ参加されるそうです。保育関係者や学校・児童館関連の方も多いということでした。

ご興味のある方は是非ご参加ください!
とはいうものの、参加費用が大人¥5000、小学生だと¥3000かかります。
ちょっと気軽には誘えないかなぁ、というところが本音です。

ただ、お店を出す場合は¥5000は必要なのですが、お店を手伝う人は参加費用を払う必要はないので、我が家は一応一家で出店することになっていて、出費は出店料の¥5000のみになります。

今回、参加してみておもしろそうだったら、来年はりんごのお友達を誘って何かひとつお店をださせてみるのもおもしろいかもしれないなぁ。。。(小学生であやとりを教えるお店などもあるらしいので。)

イベントが終わったら、また報告します!



【2011/01/08 17:22 】 | 駒込とんぼ玉倶楽部のこと | コメント(2) | トラックバック(0) |
駒込お買い物倶楽部?!
駒込とんぼ玉倶楽部の場所は、JR山手線駒込駅北口から
本郷通りを下ってすぐです。
駅からは徒歩2分くらいで、この駅チカなところが最大の売りです!
(講師の腕といいたいとこですが。。)

教室が終わると、本郷通りをまたのぼれば、すぐに駅に着くのですが、
なぜか皆さん、さらに坂を下っていく方がいます。

この教室は貸し会場を使用しているため、教室で使う工具やガラス棒は
皆さん、家から持ってきて、また持って帰っていただいていて、
その重さはけっこうなものです。
(私も習っていた時は、工具類・ガラス+小型の簡易バーナーを持って
会社に通ってました。)


そんな、大荷物を持ったまま駅からどんどん離れて坂を下って行く、
その先にはなにがあるかというと、



霜降商店街と染井商店街!!なんですねぇ。

10.5 006


中でも、YさんとMさんには行き付けの酒屋があり、
そこで樽だしの日本酒を1合買って帰るのを楽しみにしているとか。
「買ったら買っただけ飲んじゃうので、1合にしているんですぅ。」
だそうです。。
そこの日本酒は、日本酒好きの方には評判いいみたいです。

そして、この商店街には近くに市場があるので、
八百屋が多いのですが、その中の一つの八百屋さんのお野菜は
「本物の野菜の味がする」らしく、野菜も買って帰るそうです。

そして、ちょっと高級スーパーの「さかがみ」もかかさずチェック!
さかがみの「お取り寄せ銘菓コーナー」みたいなところに、
この時期になると日本酒の銘酒「緑川」を使ったケーキが
売っているのですが、それは「緑川」ファンには垂涎の一品です。
この前行ったとき、もう売り場に出てました。Yさんに伝えなければ。

ガラス棒やら、お酒やら野菜やら、いったい駒込に何しに来たのか
わからない大荷物になって、電車で帰路につくということです。
本当にご苦労様です。

ここの商店街ですが、けっこう入れ替わりが激しくて、
つぶれては新しい店がオープンしています。

でも、前にかねふくの明太子屋ができたときは驚きましたね。
100g¥800の明太子はここでは売れませんって。
案の定、2,3ヶ月で閉店でした。

この商店街に店を出すとしたら、自分だったら
どんなお店を出すかなぁ?と考えたりします。
「スープやさん」なんていいんじゃないかな。
離乳食や、幼児食にもいいし。

とんぼ玉のお店なんて出したら、100%つぶれることだけは、
確実だと思います。


********************

前回の記事は、「保育見学」の内容だったのですが、園児の画像を多数掲載しましたので、保護者限定にさせていただきました。遊びに来ていただいたのに見れなかった方には、大変失礼しました。
【2010/09/22 16:05 】 | 駒込とんぼ玉倶楽部のこと | コメント(0) | トラックバック(0) |
プリンス社 カセットバーナーTB02 
駒込とんぼ玉倶楽部で使用しているバーナーは、
プリンス社のエアポンプ内蔵カセットバーナーTB02です。

この教室は駅前の貸し会場を使用しているため、
コンパクトでガス栓につなげる必要のないこのバーナーにしました。
他に選択肢はなかったかなぁ。

使っているうちにボンベが冷却してくると火力が落ちる瞬間が
あるのですが、エアーの量を少なくして使えば、火力は弱いけれど、
ガスとエアーのバランスは保たれているので、ある程度作業は続けられます。

教室に通っているかた、皆さん、ボンベを使いきるのが上手ですし、
作業の途中のガス交換も手馴れたものです。

はじめのうちは
「せんせいっ!火が、火が消えましたぁ!」と叫んで私にヘルプを
求めていた人も、馴れてくると、左手でステンレス棒を持ったまま、
だいたい「十手」で交換完了することができるようになってきます。

ガス栓のいらないこの手軽なバーナーは今の住宅事情にあっている
ので、教室の方はほとんど自宅用にTB02を買っています。

教室の生徒さんで、最近引越しのため物件を探していたら、
「90年代以降の物件は(バーナーをつなぐ)ガス栓がないものが
ほとんどだ。」と不動産屋にいわれ、
TB03(ガス栓につなぐバーナー)をお持ちだったけれど、
TB02に買い換えなくてはと、おっしゃっていました。

私は実家にいるときは、4キロのプロパンガスを2つつなげて
使っていましたが、なくなったら車でプロパンガス屋に持って
いって、二三日後にまた取りに行っていました。
当時で4キロ1500円くらいでした。

都内じゃプロパンガス屋さんも少ないですし、配送料も取られ
たりしてバカにならない料金になるようです。

今後ますます、都内ではガス栓に直接つなげられるバーナーを
使える住宅状況は少なくなってくると思いますが、
このカセットバーナー、充分いい働きをしてくれると思います。

初めてバーナーを買おうとするとき、せっかくだから
いいバーナーを買いたいと思うところもありますが、
まずは住宅事情が許すカセットバーナーを買って使い倒し、
本当に物足りなくなったころには何か画期的なバーナーが
発売されているかもしれませんね。

【2010/08/18 21:41 】 | 駒込とんぼ玉倶楽部のこと | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。