スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
ピンクレディか嵐か
今でいうAKB48のような存在は、私にとってはピンクレディでした。
世代でいうと、キャンディーズではなく「ピンクレディ世代」。
女子プロレスでいうと、クラッシュギャルズではなく「ビューティペア世代」。

いつか娘と一緒に観たいと思っていたこのDVDは、案の定、二人とも釘づけです。

ピンク・レディー フリツケ完全マスターDVD Vol.1 講談社DVDブックピンク・レディー フリツケ完全マスターDVD Vol.1 講談社DVDブック
(2004/07/09)
講談社

商品詳細を見る



ピンク・レディー フリツケ完全マスターDVD Vol.2 (講談社DVDブック)ピンク・レディー フリツケ完全マスターDVD Vol.2 (講談社DVDブック)
(2004/09/18)
講談社

商品詳細を見る

私も一緒に三人で、歌い踊ります。でもやっぱりMIEちゃんのほうが人気あるんですね。

この前りんごが
「お母さん、みんな物知りなんだよ。」というので、
「へぇ、どんなこと知ってるの?」と聞くと、
「嵐の曲とか知ってるの。」というので、
「りんごだって、ピンクレディの曲たくさん知ってる物知りじゃない!」と答えたら、
「なんかちょっと違う気がする。。。。」と首をかしげていました。

「モンスター」というと嵐の曲ではなく、
「この私のかっわいいひっと~」と反対の耳たぶを後ろから引っ張る振りつけをして
歌ってしまうりんごは、母が読んだ「キャンディ☆キャンディ」と大叔父が読んだ
「ブラック・ジャック」を愛する昭和な子です。

母親の偏った趣味趣向はどの程度子供に受け入れられるのでしょうか。
次は何にしようかな。フレッド・アステアのミュージカルを見せようかな。
タップダンスの真似をしているこのみは、はまるかもしれない。

とはいっても最近嵐のメンバーの顔がようやく判別がつくようになった娘たちも、
ニノがいいだの、ショウ君がいいだの、楽しそうにやってます。

スポンサーサイト
【2012/01/28 01:16 】 | こども | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<生姜焼き定食 | ホーム | 被災地支援 秋冬物衣料品下取りチャリティー @丸井>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://coaqui.blog104.fc2.com/tb.php/53-dcb9352b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。