スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
夏に生まれたあおむし
「はらぺこあおむし」のワークショップは今年で3年目になります。
今年は、23組の親子さんに参加していただきました。

2012-09-02 20121
今年はりんごも本格的に手伝いデビュー。本気で助かりました。ひまなときは黒板で何か書いてる。



中には、「去年は予定が合わなかったので、今年は是非参加したい!」とか
「去年は満席でできなかったので、今年は早めに申し込みした。」等、
ワークショップを楽しみに待ってくれていた方もいらっしゃり、
ホントに嬉しかったです。

「もう1匹作りたい!」と去年に続いてリピートしてくれたお子さんも
いて、一年振りに「大きくなったねぇ。」なんて親せきのおばちゃんの心境でした。

小学生からのお友達で大人になっても仲の良い5人グループが、
お母さんになった方はれぞれお子さんを連れて、参加していただいた日もありました。
子どもの頃から20年近く(多分)たっても、和気あいあいと楽しそうで
子どもたち同士も仲がよさそうで、素敵なお付き合いですね。


今年はなんといっても男の子の参加率が多いのが目立ちました。
「思ったより集中して取り組んでいて、驚きました。」
というのは小学校1年生の双子ちゃんの男の子のお母さんのコメントです。
男の子のお母さん、毎日奮闘していらっしゃるのでしょうね。

2012-09-02 2012



今年はこんなふうに、オプションでフレームを用意してみました。
せっかく作っても、けっこう引出の中に埋もれているパターンは我が家なのですが、
こんなフレームがあれば、机に飾ることもできるし、壁に飾ることもできます。


2012 246

フレームも色を何色か用意したのですが、どんな色でもけっこうしっくりきます。

そして今年は全部で34匹のあおむし君が生まれました。
中には満身創痍の難産で(とんぼ玉がたくさん割れてしまう)、
NICU 新生児集中治療室で2,3日お預かりしてから
(私が持って帰り、ガラス用の接着剤で玉をくっつけて完成させてから)
おやむしのもとにお返しする。(郵送でお送りする。)
パターンもでてきてしまい、申し訳なかったです。

2012-09-02 20123


参加していただいたみなさん、どうもありがとうございました!
9月に入って、みんな学校がはじまったかな?
毎日元気にガンバってくださいね。
また、とんぼ玉が作りたくなったら遊びにきてください。

「はらぺこあおむしのワークショップ」は不定期ですが、夏休み以外も開催する予定です!


「はやくあおむしになりた~い!」
2012 290

【2012/09/03 14:16 】 | はらぺこあおむしのバッグチャーム | コメント(0) | トラックバック(0) |
2012年夏休み「とんぼ玉と万華鏡の工作教室」
あっつぃ日々が続きますね。梅雨は明けたのでしょうか?
夏休みも目前です。
明日でりんごの小学校は終わりなので、
夏休みの宿題の全貌が明らかになります。
毎年ある「夏休みの自由工作」ですが、
自分の子供が卒業するまで、6パターンの
とんぼ玉とからめた工作教室を企画しようと思っています。

1年の時は「はらぺこあおむしのバッグチャーム」。
2年の時は「とんぼ玉とモビールの工作教室」でした。

そして、今年は「とんぼ玉と万華鏡の工作教室」を
企画しました!

万華鏡だけの工作教室はよくあるけれど、
中身に使うビーズもとんぼ玉で作ってしまおう!という
とても欲張りかつ,作り甲斐のたっぷりある工作教室です。

万華鏡用のとんぼ玉はあまり大きくないほうがいいので、
今回は少し小さめに作ってもらいます。
今までに駒込とんぼ玉倶楽部でとんぼ玉教室に来たことの
ある人にはちょっと変わった形のビーズを作って
もらいます。
丸い玉を軟らかいうちにつぶしたり、
軟らかいところを
はさみで切ったり、新しい技法にも挑戦してもらうつもりです。


今回初めてとんぼ玉を作る人は、まずは丸い玉を作って、
それに慣れたら少しつぶしてみましょうか。
どんな玉ができるかな?

透明感のあるガラス玉を万華鏡にしてみてみると、
綺麗な模様になりますよ。

イメージ画像
3.jpg

2.jpg


今回、万華鏡の工作の部分のご指導をお願いしたのは、
「ピスタチオ」を主宰されている北区在住の小村さんで、
小村さんは子供のための工作ワークショップを各地で
展開されています。
最近では霜降商店街の「しぃちゃん広場」でたまに
小さいワークショップをされています。

万華鏡ってどうやって見えるのか、知っていますか?
筒の中に鏡の板で三角形を作るのですが、
その三角形の形によって、見え方が違うそうです。
万華鏡の本体となる紙筒にも、いろんな模様をつけて
オリジナルの万華鏡を作ります。


日時:8月26日日曜日 1部 1時から3時 
           満席になりました!
          2部 3時から5時まで
          満席になりました!
 *お陰様で満席になりました。キャンセル待ちご希望の方は、お問い合わせフォームからご連絡ください。

場所:「駒込倶楽部」
(JR山手線・東京メトロ南北線 駒込駅から徒歩2分) 

対象年齢:小学校1年生から親子ペアでの参加となります。
 *特にとんぼ玉の作業中は、大人の方にサポートして
    いただくことになります。

     小学校5年生からは、一人でも参加できます。

参加料金:親子ペアで¥3700
     (一人で参加の場合も¥3700)

持ち物:・子供用の上履きとエプロン。
     (大人用はご用意があります。)
    ・はさみ
     (ガラスを切るので、切れ味が悪くなる
      可能性があります。)
   ・ ぼろ布


前に子供に買った工作キットにこんなことが
書いてありました。


「こどもを思うお母さんに!
 テレビやゲーム、与えられるばかりの情報で、
子供たちは元来持ち合わせている無限の想像力や空想の
世界を放棄して、自分で何か作り上げる喜びや、
物を組み立てる方法も知らないまま大人になっていこうと
しているようです。
 このキットは、物にあふれ、何でもお金を払えばすぐ
手に入る今の時代に生きる子供たちに
「知恵」と「想像力」を育てます!」




この工作キットもこの「とんぼ玉と万華鏡の工作教室」も
大人がお膳立てしたものではありますが、
私も同じ思いで、子供が参加できるとんぼ玉教室を
企画しています。

今年の夏の「とんぼ玉と万華鏡の工作教室」、
ものを作るのが大好きなお子様にお勧めです!
もちろん、夏休みのの自由工作や自由研究にもなりますよ。

お申し込みは下記のお問い合わせフォームからどうぞ。






お問い合わせフォームからうまく送信できない場合は、
wedaakiko@yahoo.co.jp までご連絡ください!

【2012/07/19 23:34 】 | 夏休みの体験教室 | コメント(0) | トラックバック(0) |
2012年夏休み親子とんぼ玉ワークショップ「はらぺこあおむしのバッグチャームをつくろう!」
そろそろ、夏休みの計画も本腰で探す時期になりましたね。
皆さん、今年の夏はどんな計画を立てていらっしゃいますか?


駒込とんぼ玉倶楽部でも、また夏休みに、親子ワークショップをやろうと思います。
夏休みの自由工作や自由研究の課題としても使ってもらえます!

開催日は夏休みの、
8月4日(土曜日)午前と、
8月13日(月曜日)午後と、
8月25日(土曜日)午前
です。


詳細は以下になります。

親子とんぼ玉ワークショップ
のバッグチャームを作ろう!」




「はらぺこあおむしのバッグチャーム」見本

  ↑
これが作ってもらうあおむし君です。とんぼ玉で作るのにぴったりですよね!

ワークショップでは、ただとんぼ玉を繋いでバッグチャームを作るのではなく、

ガラス棒をバーナーで溶かしてひとつ、ひとつの玉を
親子で作り、それを繋いで

このバッグチャームを作ってもらいます。

お父さんの参加も大歓迎です!


■日時 8月4日 土曜日 10時から 満席になりました!     
  8月13日 月曜日 1時30分から 満席になりました!
    8月25日 土曜日 10時から  満席になりました!
   追加開講日8月18日 土曜日 1時30分から  残り3席です!
だいたい2時間半で終わります


*追記(7/20)*
お陰様で3日とも満席となりました。ありがとうございました!!駒込とんぼ玉倶楽部では、
8月26日に「とんぼ玉と万華鏡の工作教室」
開講します!是非ご検討ください!詳細は→こちら
 


*追記(7/21)*
8月18日に追加で開講します!


■場所 駒込倶楽部  JR山手線 東京メトロ南北線 駒込駅より徒歩2分

■受講料 親子ペア二人で¥5500 材料費・茶菓子代込み
     (お子様追加の場合は1名につき¥1500追加)
          
     *大人お一人での参加も受け付けます。(受講料は¥5000)

■お支払い 振込みによる前払い(参加希望の申し込みをされた方には、追って詳細をご連絡します。)

■受講対象年齢 小学校1年生以上のじっくりと取り組めるお子様と大人
        (ペアの大人は親でなくても可)

■持ちもの お子様用のエプロンと上履き  (大人用のエプロンとスリッパはご用意してあります。)
      ハンドタオルくらいの大きさのボロ布 

■あれば持ってきて欲しいもの やっとこ ニッパー(ワイヤーを扱います)

■最少催行人数 3組 定員5組

いままでのワークショップの様子はこちらからご覧ください。


*とんぼ玉を作ってから冷ますまでの間に40分ほどかかります。
その間に少し、お茶を飲みながら休憩し、バッグチャームを組み立てる準備をします。

*徐冷後、とんぼ玉が割れてしまっていることもあります。ご了承下さい。

お申し込みご希望の方は こちらのお問い合わせフォームより
ご連絡ください。
             ↓








このワークショップは、子供と同じように大人でも初めてとんぼ玉を作るという方が多いので、
大人が上から目線で子供を見守るようなスタイルではなく、大人も子供も一緒になって
ハラハラドキドキしながら一つのものを作り上げていきます。

うちの子ども達も物を作るのが大好きで、あっちこっちにいろいろなものを作りに出かけています。
「物をつくる」のが大好きな子が夢中になっているときって、見てるとおもしろいですね。            
何か思いついた時の嬉しそうな顔をみると、こっちまで嬉しくなってきます。
子供と一緒に楽しい時間を過ごしましょ!


   








    【2012/07/01 17:09 】 | 夏休みの体験教室 | コメント(0) | トラックバック(1) |
    そごう川口店でひさびさの!
    ご縁があって、民族雑貨「楽」さんが出店される川口そごうの催しに
    [far eastern Craft sisiters(極東工芸姉妹)]として、ご一緒させていただけることになりました。

    期間:5月22日(火)から5月28日(月)
    場所:そごう川口店 3階川口駅側正面入口


    「楽」さんのお洋服は、自然素材を使った大人のためのエスニックテイストです。
    アジアで売られているものをそのまま持ってきているのではなく、
    日本人に合うようにデザインされていて、とても着やすく、おしゃれなお洋服です。
    とんぼ玉も合うんじゃないかな?

    「楽」さんは実店舗を武蔵小金井にお持ちですが、
    全国の百貨店の催しにも出店していらっしゃるということです。
    私たちも足を引っ張らないように頑張らなくては!

    私は以前に「女職人の会」という団体に所属していたことがあり、
    都内の百貨店の催事で自分の作ったとんぼ玉を販売していたことがありました。
    大阪の大丸まで出張したこともあったなぁ。
    女性が集まる団体ですし、まぁ、くせのある方々も多く、
    すっかり忘れていたいろんな一悶着を思い出してしまった。。。。

    出産を機に会から離れたのですが、百貨店での販売はそれ以来になるので
    8年ぶりということなります。
    姉と交代で売り場に立つので毎日ではないのですが、それでも体力持つかが少し心配です。。。
    夕方以降、疲れ切った顔で接客していそうな予感がします。
    「ユンケルでも飲んでがんばろう。」と心に言い聞かせつつ、
    5年ぶりに髪の毛にカラーをして用意しております。

    お近くにお越しの際は、是非お立ち寄りを!
    【2012/05/21 23:25 】 | far eastern Craft sisters 極東工芸姉妹 | コメント(0) | トラックバック(1) |
    地元のネタをふたつ
    霜降銀座商店街の中ほどに、[金魚亭]という日貸店舗があります。
    本当に金魚がいるあそこです。

    そこで、たまに栃木の「吉田ファーム」さんが農作物を販売しています。
    この前そこで野菜を買ってみたら、「美味しい」じゃないですか
    なんだ、もっと前から買えばよかった。

    今回買ったのは、かぶにアスパラにスナップエンドウにじゃがいも。
    どれも甘味たっぷりでしたよ。減農薬か無農薬みたいです。

    値段は激安店ほどは安くないけど、パルシステムよりは安いという範囲です。

    ここらへんは八百屋さんが多いのですが、自宅用の野菜と来客用の野菜、
    実は買う場所を変えてます。

    この前は、久しぶりに友人が遊びにくるということで、バーニャカウダ用の
    野菜を「サカガミ」で買おうとしていたのですが、通りすがりの金魚亭で
    「吉田ファーム」さんがお店を出していたので、試しに買ってみたのです。

    しかも、店内でがんがん試食を勧められ、小腹も満たしてしまいました。
    (「さかがみ」で試食をしまくる子供に、もう小言はいえない。。)

    もしも、通りすがりに「吉田ファーム」がお店を出していたならば、
    是非お試しあれ。


    それから、それから。

    先週から始まったTBSの「もう一度、プロポーズ」というドラマをちらっと
    みたのですが、北区中央図書館がロケ地に使われていましたね。

    ここは通称「赤レンガ図書館」といって、旧陸軍の赤レンガの建物の一部を
    保存して作られた新しい図書館です。

    なんでも、「主役の竹野内豊と和久井えみが5年前の2007年の4月の
    桜の季節に初めて出会った思い出の場所」という設定らしいです。

    「5年前の4月7日にあの場所に行っていれば、私も竹野内豊と出会っていたのか!!」と
    一瞬勘違いしそうになりましたが、「まてよ。」と冷静に思い出してみるに、
    その時期私は、次女のこのみを出産直後で、日野の実家にいたのでありました。

    しかも、5年前はあの図書館はまだ存在してないですし、
    やはり、竹野内さん、あなたとはご縁がなかったようです。。。残念
    【2012/04/23 10:42 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
    生姜焼き定食
    先週、私の誕生日がありました。
    お姉ちゃんのりんごは、私を喜ばせようと前々からいろいろ考えてくれていたようです。

    まず、朝にお誕生日カードをくれました。

    そこには、
    「このネコちゃんたちみたいに、自由に、ゆうがにすごしてください。HAPPY BITHDAY!」と書かれてありました。
    20.2012 3gatu 041

    「自由にゆうがに」なんて、どこから思いついたのでしょうか?謎です。
    ああ、本当にそんな一年を過ごしてみたいものです。

    私が「今日は誕生日だし、夜はどっか食べに行こうか!」というと
    りんごは「いや、それだと結局おかあさんが払うことになるし、それだとお誕生日にならないから。」といいます。
    (いやいや堅いこと言わずに、そこは払うから外食しようよ。楽だし。)と思っていると、
    リンゴ「じゃ、私が夕飯作るよ!」
    (そうきたか。ますます外食のほうが楽だなぁ。。。)と一瞬思ったのですが、
    (まてよ。今、仕込んで夕飯も作れるようになれば、これから助かるかもしれない!)と母親の邪心というか野心が頭をもたげ、
    「じゃあ、お願いしよっかな。」ということになりました。

    まだまだ小さいうちは、「お手伝いしたい!」といわれても、急いでいるときは特に「できればご遠慮いただきたいのですが。」と
    思うことも実際あるものです。

    私なんかは
    「それは、お手伝いじゃない。お手数増やし(おてかずふやし)だ!」
    「テレビみながらやるんだったら、お手伝いしなくていい!」
    など、せっかくのお手伝いしたい気持ちを無下にしたこともしばしば。。

    ところが、もうすぐ3年生にもなると、そこそこ戦力になる動きができるようになっているんですねぇ。
    もちろん、要所で手は出しましたが、今回はなるべく手出しをしないようにがまんして、
    手際が多少悪くても口出ししないようにしました。
     
    途中、ホウレンソウのナムルの味付けを「塩、小1/4」のところを「塩、小1と1/4」と間違えてしまい、
    出来上がったと思ったナムルを水で洗って塩気を落とす、というハプニングはありましたが、
    こんなちゃんとした夕食ができあがりました!


    20.2012 3gatu 038
    生姜焼き、ホウレン草と人参のナムル、豆腐とわかめの味噌汁とごはん。

    どれも、とってもおいしくて、思いがけず嬉しい誕生日になりました。

    子供が親のいうことを聞くのも、10歳までとよく聞きます。りんごももう8歳半。遅かれ早かれ、
    そんなに時間は残っていないでしょう。
    その時間の中で、いままであまり重きをおいていなかった「お手伝い」を
    たくさんさせてみるのもいいかな、と思った一日でした。
    皆さん、子供にどれくらいお手伝いをさせているのかなぁ。


    一方、その間、このみさんは、ずぅっとテレビをみてました。
    【2012/04/01 23:18 】 | こども | コメント(0) | トラックバック(0) |
    ピンクレディか嵐か
    今でいうAKB48のような存在は、私にとってはピンクレディでした。
    世代でいうと、キャンディーズではなく「ピンクレディ世代」。
    女子プロレスでいうと、クラッシュギャルズではなく「ビューティペア世代」。

    いつか娘と一緒に観たいと思っていたこのDVDは、案の定、二人とも釘づけです。

    ピンク・レディー フリツケ完全マスターDVD Vol.1 講談社DVDブックピンク・レディー フリツケ完全マスターDVD Vol.1 講談社DVDブック
    (2004/07/09)
    講談社

    商品詳細を見る



    ピンク・レディー フリツケ完全マスターDVD Vol.2 (講談社DVDブック)ピンク・レディー フリツケ完全マスターDVD Vol.2 (講談社DVDブック)
    (2004/09/18)
    講談社

    商品詳細を見る

    私も一緒に三人で、歌い踊ります。でもやっぱりMIEちゃんのほうが人気あるんですね。

    この前りんごが
    「お母さん、みんな物知りなんだよ。」というので、
    「へぇ、どんなこと知ってるの?」と聞くと、
    「嵐の曲とか知ってるの。」というので、
    「りんごだって、ピンクレディの曲たくさん知ってる物知りじゃない!」と答えたら、
    「なんかちょっと違う気がする。。。。」と首をかしげていました。

    「モンスター」というと嵐の曲ではなく、
    「この私のかっわいいひっと~」と反対の耳たぶを後ろから引っ張る振りつけをして
    歌ってしまうりんごは、母が読んだ「キャンディ☆キャンディ」と大叔父が読んだ
    「ブラック・ジャック」を愛する昭和な子です。

    母親の偏った趣味趣向はどの程度子供に受け入れられるのでしょうか。
    次は何にしようかな。フレッド・アステアのミュージカルを見せようかな。
    タップダンスの真似をしているこのみは、はまるかもしれない。

    とはいっても最近嵐のメンバーの顔がようやく判別がつくようになった娘たちも、
    ニノがいいだの、ショウ君がいいだの、楽しそうにやってます。

    【2012/01/28 01:16 】 | こども | コメント(0) | トラックバック(0) |
    被災地支援 秋冬物衣料品下取りチャリティー @丸井
    北千住の丸井で、「被災地支援 秋冬物衣料品下取りチャリティー」というのをやっているのを見つけたので、
    早速きれいな子供服を持っていきました。



    ネットで探すと、
    「個人的に物資を必要としている人へ、コーディネーターのような人を介して、自分が直接支援する」という
    形のサイトもあるのですが、メールでもやりとりして電話もして確認してというような感じで成立するらしく、
    ちょっと二の足を踏んでいたところでした。
    ヤフオクみたいに要件だけでビジネスライクに済ませるわけにはいかないようです。
    (当たり前だとは思いますが。)



    この丸井が主宰している衣料品のチャリティーは被災された方々が楽しんで選べるように、
    多分デパートの催事場のバーゲンみたいな雰囲気で一点一点お店のようにディスプレーして、
    丸井のスタッフが洋服選びのお手伝いもしてくれるそうです。

    特に大きいサイズやご年配の方向けの洋服が足りていないそうです。


    次は12月1日から4日までの期間で開催されるようです。
    詳しくはこちらから。



    こういったチャリティーは、自分の不用品を処理する場所ではないので、
    なるべくきれいなものを選んで持っていきたいですね。

    【2011/10/17 23:21 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
    2011年夏休み「はらぺこあおむし」第3弾!
    この夏最後の「はらぺこあおむし」のワークショップも無事に終了しました。

    前半の時間をかなり割いて、とんぼ玉を作る時間にあてているのですが、
    「一つ目はおかあさんか、おとうさんが作ってください。」とお願いしてます。

    その後は、さまざまなタイプに分かれるようです。
    まずは完全共同作業制。お母さんがガラスを溶かし、お子さんがステンレス棒をまわす。
    1 001


    次は、メインとアシスト交代制。メインで制作するほうを、もう一人がアシストする。
    1 003


    そして、完全交代制。交互にひとつずつ作る。
    1 004


    お一人様はもくもくと。たまに独り言をいいながら。
    高校時代の友人のキー坊。
    1 002


    そのキー坊が「なにあれ!こわっ!」といって指差したのがこれ。
    1 012

    この日、いろいろお手伝いにきてくれたりんごが描いた、変な生き物が黒板に!
    りんご画伯曰く「ユニコーン」だそうです。
    キー坊には「おじさん」に見えるらしい。


    S輝君作。いままで2回もとんぼ玉を作ったことがあるだけに、上手!
    1 007


    YUAちゃん作。薄い黄色の玉が個性的なあおむしにしてます。
    1 008


    KiHoちゃん作。りんごと同じ学校でした!
    1 009


    U里ちゃん作。とんぼ玉を作りたくて、ネットで探して参加してくれたそうです!
    1 010


    これで、夏の親子ワークショップは終わりです!参加してくださった皆さん、ありがとうございました。
    また、「とんぼ玉広場」でお会いできたら嬉しいです!

    【2011/08/23 23:01 】 | はらぺこあおむしのバッグチャーム | コメント(0) | トラックバック(0) |
    2011年夏休み「はらぺこあおむし」第2弾!
    「はらぺこあおむし」第2弾は、平日の月曜日に開催しました。
    最近は、男の子の参加者もちらほら出てきて、嬉しいです!
    はらぺこあおむしが好きかどうかは置いといて、とんぼ玉を作ること自体は、
    男の子でも女の子でも純粋に楽しんでくれているようです。

    今回は、お母さん同士がもともとのお友達という小3と小2の男の子が参加してくれました。
    2 020


    Ryo君作。最後のほうは、お母さんの手助けなしで一人でできるようになりました。
    2 022


    Doragon君作。男の子が作るあおむしは、なんとなく男の子っぽいような。気のせいでしょうか?
    2 021

    Peach姫のお母さんは、前にこのブログでとんぼ玉の作品展を紹介した駒込とんぼ玉倶楽部出の方です。
    今日はおばあさまもご一緒に参加してくださいました。
    2 023
    Peach姫と会うのは初めてでしたが、実はもっとちっちゃい時から年賀状で知っていたので
    「大きくなったね。」と親戚のおばちゃんの心境です。


    学生時代からの友人MASAもお一人様参加してくれました。
    現在ドイツで3人の子どもを子育て中で、夏休みに帰国中の身です。

    2 024
    ドイツ語の「はらぺこあおむし」をお土産に持ってきてくれたので、ドイツ語で朗読してもらいました。
    ドイツ語なんて聞く機会あんまりないですし、子供達にささやかな経験になれば。
    「アウフ シュプレッヘン ガンツ ジーベン(めちゃくちゃですけど。)………」みたいな感じでした。



    ドイツでも「はらぺこあおむし」は、幼稚園の教材に使われたり、とても人気だそうですよ。
    【2011/08/23 22:41 】 | はらぺこあおむしのバッグチャーム | コメント(0) | トラックバック(0) |
    前ページ | ホーム | 次ページ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。